洗顔石鹸ニキビ跡原因対処法とは

ニキビがようやく治ったと思ったら、次はニキビ跡。
お肌の悩みはつきませんよね。
ニキビ跡にはいくつか種類があります。
ニキビ跡の種類と原因と知って、適切に対処してきましょう。
ニキビ跡には、すぐに消えるものとなかなか消えないものがありますが、皮膚の構造を考えれば理解しやすくなります。
ニキビはまず表皮にできます。
お肌のいちばん表面側にある表皮は、約28日間で細胞が生まれ変わります。
これをターンオーバーといいます(最近では40?50日ともいわれています)。
もし、この表皮細胞が何らかの原因で傷ついてしまったとしても、ターンオーバーが正常に行われていれば、約28日経てば、きれいな細胞に変わるはずなのです。
そして、表皮の下にあるのが真皮。
この真皮の細胞が生まれ変わるのは、数年必要だといわれています。
そうです。
すぐに消えるニキビ跡は表皮の中にできたニキビによるものですが、消えないニキビ跡は、何らかの原因で炎症を起こし、表皮だけでなく真皮にまで影響を与えてしまったニキビによるものなのです。
たとえば、ニキビが気になって思わずつぶしてしまったり、ひっかいてしまったりして、血がでてしまうことがありますよね。
表皮には血管がありませんから、それは真皮に影響を与えてしまっていることになるのです。
できてしまったニキビを気にして、さわったり、いじったりすることがよくないというのは、こういう理由でもあるのです。
オルビスなどでケアをして触らないようにしましょうね。
また、ニキビが炎症を起こしてしまうと、その部分が茶色っぽく色素沈着を起こすことがあります。
これはメラニンの働きが活発になってできるもの。
紫外線などを浴びてできるしみと同じものです。
メラニンは紫外線を浴びた時にだけできるわけではありません。
紫外線を含む、私たちのからだに危害を与えるものたちから守ろうとする時に、働きが活発になるのです。
このタイプのニキビ跡は、しみの時と同じケアを行います。
正常なターンオーバーが行われていれば、メラニンは自然と排出されていきますが、ターンオーバーが乱れていると、お肌に定着してしまいます。
まずは、正常なターンオーバーを守るケアを行いましょう。
もうひとつ最後に「あばた」と呼ばれる、凹んでしまったニキビ跡があります。
ニキビが炎症を起こした時、周りの皮膚細胞に大きなダメージを与え、お肌の奥の方の組織まで破壊されてしまったものです。
ニキビが治ったあとも、新しく皮膚細胞がつくることができなかったために起こります。
ニキビ跡もこの段階まで進むと、通常のケアだけで元に戻すのはなかなか困難ですので、クリニックなどに相談してみるのもいいかもしれません。